ふだん過ごされているお家に近い木造だからこそできる『療育』

会社案内

  • HOME »
  • 会社案内

生活しやすい身体づくりから子どもたちの発達改善へ

早期からの療育とは。
たとえば、発達障害やダウン症の療育支援の開始年齢は?

つばめ療育館親子館では、生後数か月から、早いほど改善効果は高いと考えています。
もちろん、いくつからでも改善は期待できます。

発達の遅れの改善には、土台となる身体の調和が大切。
この考えを提唱されている発達支援コンサルタント・保健師の町村純子氏(前橋市)を
コンサルタントに迎え、作業療法士・言語聴覚士・保育士などのスタッフが、
身体調和支援「マッサージ」⇒運動課題「感覚統合」⇒「個別課題」の徹底したプログラムを
切れ間なく提供していきます。
町村純子氏は、定期的に講演会で全国の発達改善の実例を紹介したり、
子供たちの個別評価を行います。
身体調和支援「マッサージ」⇒運動課題「感覚統合」⇒「個別課題」は、
専門職の指導のもとで可能な限り『親から子へ』。
これにより、わが子の身体の状況が分かり、具体的な改善に気づくことができます。
同時に家庭での関わり方が変わり、適切な発達環境が広がることに繋がります。

週に複数回の利用を原則に
繰り返すことで脳の発達を促し、運動機能、認知・言語機能・社会性の改善効果を高めていきます。

何より尊いその人らしい人生、
いち早く「自ら育つ力を引き出す」ために。

つばめ療育館親子館
代表 野 瀨 清 一

PAGETOP
Copyright © つばめ療育館 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.